2014年7月2日水曜日

報告:辻堂新町町内コルフコンペに参加           ドライバー・5W・7W 炸裂                      自信喪失から完全復活の手ごたえ

 梅雨の晴れ間の最高のゴルフ日和となった標記コンペ。 故友人との縁で、現在も仲間に入れていただいている。

 今回は、小山町の東富士CC。アップダウンの大きく、400ヤードを超すホールが多い、戦略性に富む、難コースである。



10番のスタートホール第1組

6月の早朝ゴルフで、手ごたえを感じていたが今日は、ドライバーが絶好調。前進マークを超す、250ヤードに近い飛距離が何発もヒット。ここ2年間、不調にあえぎ、ゴルフを止めたいと思った日々が嘘のよう。しかし、スコアが90をきれなかったのは、スリーパットの所為。

 パットはその日の気分任せ。かつての最高スコア、84を目指し、今後も精進するぞ!

 この日復活した方がもう一人。件の故友人の奥方。1年程前の「すべり症」のOpeしたと聞いていたので、もうゴルフはダメかと思っていたら、とんでもない。元気に、明るく、奇跡の復活。

video 

 

彼女は77歳にはなっている筈だ。「すべり症」のOpeで、背骨を関節を3か所固定したという。漸く、今回、ゴルフ好きの担当医の許可が出て、参戦。飛距離も、パットもOpe前とは変わらない。「すべり症」で歩行不可になった方の話も聞いていたので、びっくり、この上なし。若い頃、卓球の国体選手だったと言うだけあって、プレー根性もすごい。

 キャディーさんは20歳前後の若い女子であったので不安であったが距離勘と言い、グリーンの読みと言い、パーフェクト。彼女のアドバイスで、スコアが3つは

上がっている。

 とにかく、レースカーの練習爆音と自衛隊の大砲訓練音は気にはなったが、そんなものはバックグラウンドサウンド。楽しい一日であった。

<動画は前チャンピオンのドライバースイング>

0 件のコメント:

コメントを投稿